アメリカでワクチン接種をされた看護師の方に伺いました。【コロナワクチン接種後の今】

日本ではようやく高齢者からスタートした、コロナワクチン接種。

予約が殺到したため、最初の枠は予約開始からわずか1時間で受付終了した自治体も。

テレビのニュースでは、孫も動員して家族総出で予約の連絡を入れ、いち早く接種が出来た方の嬉しそうなインタビューが放送されていました。

一方では、既に国内でワクチンが過剰気味になってきている国で、「ワクチンツーリズム」なる観光・ビジネスを始めているところも。

KOSAKAI
わずか1年で開発されたコロナワクチンは、壮大なる人体実験だ!という批判もある一方、メディアや国をあげてワクチン接種を促し、接種競争が加熱気味になってもいます。

アストラゼネカやジョンソン&ジョンソンでは、血栓が起きる副反応のニュースも騒がれている一方、中国製やロシア製のワクチンの副反応の話はベールに包まれたまま、、、、

一日も早く打つべきか、打たずに済むなら打たない方がいいのか、迷っているあなた。

既にアメリカでワクチン接種を済ませたMさんに、コロナワクチンの賛否を本音で聞いてみました。

Mさんはアメリカで結婚して、ロサンゼルスで30年以上看護師をやっている方。

医療従事者として、個人としてのMさんに、本音の部分を突っ込んで聞いてみました。

是非あなたのワクチン接種判断の参考にしてみてください。

Mさんと職場の皆さんのワクチン接種と副反応状況

KOSAKAI
まずはMさんや職場の皆さんの、ワクチン接種とその副反応の状況などを教えてくれますか?
Msan
私は、接種後、打ったところが3日位痛かったです。それでも、日毎に良くなって、4日目にはなんともなかったですね。あと、頭痛が2日くらいありました。それも、痛み止めが必要なほどではなく、仕事も普通に行けた程度。
KOSAKAI
同僚の看護師の皆さんも、大体同じような感じでしたか?
Msan
職場の人達のケース。みんな1度目は接種部位が数日痛かった程度で済んでたようですが、2度目の接種後は仕事を休んだ人が数人いました。まるで、コロナにかかったかと思った、って言って、悪寒、発熱、喉の痛み、倦怠感があったそうです。それでも、1日休んだら、すっかり回復して仕事に来てました。

実際に接種をした立場からの注意点

KOSAKAI
自分自身で実際にワクチンを接種してみて、伝えたい注意点はなんですか?
Msan
注意点としたら、やっぱり過去に、アレルギー反応を起こしたことがある人は、慎重に決めたほうがいいことと、医療機関で打ってもらった方が安心だと思います。あと、接種翌日は予定を詰めずに、必要ならお休みできるような日程にしておくと安心だと思います。

ワクチン自体の信頼性について

KOSAKAI
プロの医療従事者として、コロナワクチンがわずか1年ちょっとで出来たという事実について、どういう感想を持っていますか?
Msan
ここから先は、あくまでも私個人の意見として言いますね。

スピード感をもって、ワクチンが実現化して良かったと思ってます。感染速度が半端無く速くて、どう頑張っても自分も感染するのは時間の問題だとかなりの危機感を持ってたので、ワクチンは頼みの綱でした。

開発までの期間は短かったけど、その中での治験結果も公表されて、副反応の実態が把握できたから、ワクチン接種の受け入れは難しくは無かったです。

KOSAKAI
医療従事者であるが故に打たなければならないというジレンマも有ったと思いますが、もし打たなくてもいい立場でも一日も早く打ちたいと思っていましたか。打たなくて済むなら打ちたくないという人も一定数は居ましたか。
Msan
コロナワクチンは医療従事者にも強制じゃないんです。

あくまで、任意。だから、各個人の考えで、受けていない人もいるはず。

職場では、受けたか受けてないかお互い聞かないことが暗黙の了解になってた気がします。

そこは、自由の国、アメリカなのかな。

受けた受けないの差別化を嫌うというか。病院の方からも、どのくらいの職員がワクチンを接種したかの発表はないので、実態はわかりません。

ただ、私的にはかなりの人が受けてるんじゃないかと思ってます。

ワクチン接種から時間が経った現在の状況

KOSAKAI
接種直後の副反応は、Mさんのお話やニュースで聞くような件が殆どですね。

1月に接種をされて3ヶ月ほど経ちますが、その後はいかがですか?体調面でも、精神面でも。

Msan
緊急に承認されたワクチンで、接種直後の副反応は報道にもでているようなことだと思うけど、長期的な副反応の有無は、これから時間が経つにつれてわかっていくのかな?

ただ、1月に2度目の接種を終了して、全く体調に変化はないです。

ワクチンをうって、感染の確率が減った分、前より安心した日々を送れてるので、生活の質は上がりましたね、

以前に比べ、確実に心は晴れています。

ちなみに打ったのはファイザー製です。

ファイザー以外のワクチンについて

KOSAKAI
有名なワクチンではファイザー以外にも、アストラゼネカ、中国シノバック、ロシアスプートニクなどがありますが、早く打てるならファイザー以外のどれでも良かったですか?
Msan
斜め読みでも、治験結果を見てから決断すると思います。

コロナワクチンの副反応の補償について

ワクチンである以上、副反応が出ることは絶対に避けられません。

デンマークでは欧州で初めて、アストラゼネカ製ワクチン接種を正式に取りやめることを決定しました。

Mさんのお話からも、ワクチン接種については各自がしっかりと考えて、判断していくことが重要だと思います。

そして判断材料の1つに、副反応が出た際の補償についても忘れてはいけません。

日本のように、国として賠償してもらえるのが世界の常識ではありません。

KOSAKAI
冒頭に伝えたワクチンツーリズムでは、重い副作用が起きた場合でも、国から補償が受けられないおそれがあります。

弊社の支局がある上海でも、日本人などの外国人に対して任意での中国製ワクチン接種が始まりました。

社会保障に入っている中国人と違って、任意接種の外国人にはもちろん重大な副反応が出た場合の補償はありません。

しかし、そこは我らの日本の海外旅行保険です。海外旅行保険ではあなたが海外でワクチンを接種されても補償の対象です、ご安心ください。

ご注意ください
※ワクチン接種自体は保険の対象ではありません

新型コロナワクチン接種後の副作用(副反応)に、海外旅行保険は適用になるか?

海外旅行保険メルマガ

海外旅行保険に特化した旬の情報をお届けしています。

「海外旅行保険のブログ」は海外に住む日本人を応援します。

※注意事項

このブログは、海外旅行保険についての概要・特徴を一般的に案内したものであり、保険会社によって適応できないこともございます。つきましては、実際のご契約・ご利用の場合には、その該当保険会社のパンフレット・重要事項説明書・約款等で詳細をご確認いただくようお願いします。

海外で共に頑張るお友達へ『シェア』

海外からお申込み可能な日本の海外旅行保険

海外では私達外国人が万一の時、特に今ではコロナウイルス感染への備えは海外旅行保険がとても重要となります。

キャッシュレス対応病院も多い安心な海外旅行保険は「海外安心生活保険」とお考えください。

一時帰国不要、日本の海外旅行保険は世界中で、24時間365日の安心日本語対応!

 

海外旅行保険に特化したメルマガ

海外旅行保険に関する旬な情報をお送りしています。

「海外旅行保険のブログ」は海外で頑張る日本人の方を応援します。