このブログは総合保険代理店「株式会社セーブユー」代表小堺が運営しています。

中国滞在の日本人へ一時帰国を含む安全確保の検討要請_海外旅行保険一時帰国特約注意点

お知らせ
新型肺炎の感染拡大に伴い、現在弊社では状況が改善するまで中国への渡航を一切中止しております。対応につきましては、メール・スカイプ・微信等にて日本からのみとさせていただいております。
2月3日、延長した旧正月の終了に伴い、都市部においては帰省先から戻った方々で一気に感染リスクが拡大しています。

上海では、日本人学校の臨時休校後の再開予定日が3月2日に延期となりました。当局の指示によっては、更に延期の可能性があります。

一方上海政府からは各企業に対し、在籍する外国人が上海に戻る前には、以下の情報を提供するように指示がありました。
1、パスポートの番号
2、上海市の住所及び所属している居民委員会
3、上海に戻る日時と交通手段(飛行機の番号も含めて)、そして出発地。
4、自身の健康状態、とくに熱と咳。

海外旅行保険一時帰国特約注意点

保険期間3ヶ月以上でご契約の場合

日本に一時帰国中について、自動的に日本での病気やケガの治療が補償の対象となります。

日本での発病に限らず、中国で既に発病した病気を日本で診察することも可能です。

但しキャッシュレス対応はございませんので、一旦立て替え払いの上後日保険会社に請求をしてください。健康保険使用の有無は問いません、自己負担分が全額保険の対象となります。

保険期間3ヶ月未満でご契約の場合

日本のご自宅に帰宅した時点で、有効期間が残っていても補償が終了となりますのでくれぐれもご注意ください。

もし帰国前に体調不良だった場合、もしくはご自宅に到着するまでに体調が悪くなった場合には、帰国日から72時間以内であれば保険の対象となります。

今回の新型肺炎は潜伏期間が約10日前後と言われていますが、保険終了後72時間以上経過した場合には、例えそれが中国でかかった新型肺炎であったとしても保険適用にはなりません(※但し現在は指定感染症のため、新型肺炎の場合の治療費は公費で賄われます)。

日本では現在通常のインフルエンザも流行していますので、少しでも体調に異常を感じた場合には、必ず72時間以内に受診しておくことをお勧めします。

既に再出国していて海外旅行保険にご加入していなかった場合

慌ただしく一時帰国、その後再出国等で保険を掛け忘れていたというお問合せも多数入っています。

また先程お伝えしたように、保険期間が3ヶ月未満の場合は一旦ご帰国した時点で保険が終了となってしまうことを知らなかった為に、無保険となってしまったケースが散見されています。

その他中国にご滞在中、今回の騒ぎで保険が切れていたのに気付かなかったというご相談もございます。

そのような状況でも、現時点では通常通り弊社にてお引き受け可能ですので、急ぎご連絡ください。


※注意事項

このブログは、海外旅行保険についての概要・特徴を一般的に案内したものであり、保険会社によって適応できないこともございます。つきましては、実際のご契約・ご利用の場合には、その該当保険会社のパンフレット・重要事項説明書・約款等で詳細をご確認いただくようお願いします。

海外で共に頑張るお友達へ『シェア』

海外からお申込み可能な日本の海外旅行保険

海外では私達外国人が万一の時、特に今ではコロナウイルス感染への備えは海外旅行保険がとても重要となります。

キャッシュレス対応病院も多い安心な海外旅行保険は「海外安心生活保険」とお考えください。

一時帰国不要、日本の海外旅行保険は世界中で、24時間365日の安心日本語対応!