このブログは総合保険代理店「株式会社セーブユー」代表小堺が運営しています。

海外旅行保険は短期加入と長期加入、どちらがお得か?

コロナが感染拡大後、各国の入国制限のために「いつ日本に帰国できるか分からない」という方からの加入相談が非常に増えています。

そのため、加入期間に皆さん迷われますが、とても多い質問が「短期加入と長期加入、どちらがお得ですか?」というもの。

確かに火災保険などでは、毎月や毎年払いで加入するより、5年や10年で長期一括加入の方がお得になっています。

では、海外旅行保険はどうなんでしょうか?

海外旅行保険の料金の仕組み

海外旅行保険の保険料は、期間によって均等になっていません

一般的にはどんな保険でも、保険料は1ヶ月分の保険料に必要な期間を掛ければトータルの保険料が計算できます。

例えば1ヶ月1万円の医療保険であれば、6ヶ月なら6倍の6万円、1年(12ヶ月)なら12倍で12万円です。

海外旅行保険は、事前に必要な期間を決定して、分割では無く一括のみの支払となります。

そして期間による保険料は、毎月均等にはなっていないのです。ですからちょっと分かりづらくなっています。

実際の期間による保険料例

ある大手損害保険会社の、一般的なプランで期間ごとの保険料例を見てみましょう。

加入期間 保険料
34日まで 21,070円
2ヶ月 40,400円
3ヶ月 48,940円
4ヶ月 67,230円
5ヶ月 87,880円
6ヶ月 105,250円
7ヶ月 124,750円
8ヶ月 142,610円
9ヶ月 160,070円
10ヶ月 176,810円
11ヶ月 193,130円
12ヶ月 208,490円

ご覧のように、例えば期間2ヶ月で加入をした場合、1ヶ月あたりの保険料は20,200円ですが1年なら17,374円です。

それだけ見れば長期の方がお得に見えるかもしれませんが、3ヶ月の時なら1ヶ月あたり16,313円と、この期間が年間の中で一番割安になっています。

KOSAKAI
しかも3ヶ月以上のプランからは、無料で日本一時帰国中の「日本での病気やケガの補償」が付きますので、2ヶ月か3ヶ月かで悩むのであれば、迷わず3ヶ月をお勧めします。

それなら3ヶ月単位でずっと延長するのが一番お得?!

“OJISAN”
小堺さん、それだったら、例えば最初から1年で加入するより、一番割安な3ヶ月ずつに4回加入すれば一番得なんじゃないですか?
KOSAKAI
一見そう思いますね。でも、海外旅行保険を延長する場合は、そのようにはならないんです。
3ヶ月が一番割安になるのは、あくまでも新たに加入する新規の場合。

当初3ヶ月で加入し、その後3ヶ月延長する場合の追加保険料は、以下の計算式となります。

延長後のトータル期間の保険料ー既に支払った期間の保険料
つまりさっきの表で見ますと、6ヶ月の時の保険料105,250円から、既に支払った期間の保険料48,940円で56,310円となるのです。

延長の計算はすべて上記のような計算式のため、最初に短期間で加入して延長しても、最初から長期間で加入をしても、結果的には同じ保険料となります。

最初に長期で加入して、途中で解約をして返金を受ける場合も同様に差はありません。

KOSAKAI
帰国のタイミングが分からず加入する期間に迷っている方も、どうぞご安心ください。

※注意事項

このブログは、海外旅行保険についての概要・特徴を一般的に案内したものであり、保険会社によって適応できないこともございます。つきましては、実際のご契約・ご利用の場合には、その該当保険会社のパンフレット・重要事項説明書・約款等で詳細をご確認いただくようお願いします。

海外で共に頑張るお友達へ『シェア』

海外からお申込み可能な日本の海外旅行保険

海外では私達外国人が万一の時、特に今ではコロナウイルス感染への備えは海外旅行保険がとても重要となります。

キャッシュレス対応病院も多い安心な海外旅行保険は「海外安心生活保険」とお考えください。

一時帰国不要、日本の海外旅行保険は世界中で、24時間365日の安心日本語対応!