海外旅行保険はパスポート取得前でも保険にご加入可能となりました。

海外で、お子様をご出産予定のあなたに朗報です。

コロナ禍の現在、出産で日本に里帰りをするのも難しくなっているため、海外でお子様をご出産されるケースがとても増えています。

MASUO
我が家も来月、今住んでいるシンガポールで家内が出産の予定なんですが、新生児のうちはとにかく病気が心配。

この国は治療費が高いので、1日も早く海外旅行保険に入れてあげたいんですが、、、小堺さん、生後どのくらいから保険に入れますか?

KOSAKAI
ますおさん、おめでとうございます!そうですね、コロナ禍の今はなおのこと、1日も早く海外旅行保険に入れてあげたいですね。

実は以前私は、お子様のパスポートが出来てからと、皆さんにご案内していたんですが、もっと早く対応してあげられそうです!

海外で生まれたばかりの赤ちゃんに、海外旅行保険をかけたい

生まれたばかりのお子様が加入できる、海外旅行保険の内容

一般の医療保険は、年齢によって補償内容や保険料が異なっています。特に生まれてすぐのお子様は、何かと病気に掛かりやすいために、保険料も割高になっています。

でも海外旅行保険は、0歳から69歳までプランが同じであれば保険料は同じ料金となっています。

プランについては、もちろん大人同様に治療費用無制限だって入れます。

そして小さなお子様には必要の無い、携行品や手荷物遅延などは外してあげることで、少しでも保険料を安くしてあげることも弊社では可能です。

生まれたばかりって、実際にはいつから補償開始とできるのか?

では、実際に加入して補償開始と出来るのは、生後いつからでしょうか?

保険会社によって、生後6ヶ月以降からとなっているか、もしくは出生後すぐにでも条件を満たせばOKとしている会社もあります。

弊社で扱っている保険会社では、出生後すぐにでもご案内可能です。

「出生後すぐにでも条件を満たしている」というのは、つまり日本から海外に渡航する際に加入するのが海外旅行保険なので、通常であれば少なくともお子様のパスポートが出来てから、ということになりますね。

そうなると、おおよそ出生後一ヶ月以上経過してからとなりますが、海外で生まれたお子様に、出生後すぐにでも安心な日本の海外旅行保険に入れてあげたい!という親御さんの強いご要望は少なくありません。

KOSAKAI
そこで弊社では、海外で生まれたお子様が一日でも早く日本の海外旅行保険にご加入いただくにはどうしたらいいか、保険会社と引き受けについての詳細を確認しました。

海外で出生されたお子様が最短で加入するためには

既に海外に出国後に契約手続きをする場合、極端な話出産前から出生日を予定して手続きを始めてしまうことも出来てしまいますが、新生児の場合はそれは受け付けられません。

出生後すぐの黄疸や、障害があるリスクが大きいからです。

そこで、手続きの開始はあくまでも「出生後」、お子様の健康状態に問題が無いことを確認してからとなります。

この時点で何か問題があった場合、それについては補償の対象にはなりませんのでご注意ください。

そして本来であれば、パスポートなどの身分証が出来てからとなるところですが、詳細のヒアリングと合わせて病院での出生確認が取れるのであれば、即補償開始としてご加入の手続きが可能です。

KOSAKAI
当たり前の話ではありますが、絶対に必要な情報はお子様のお名前です。ですから、ご出産前に素敵なお名前を決めておいてくださいね。これで出生後すぐにでも、日本の安心な海外旅行保険で、万全な補償をご用意してあげられます。
海外旅行保険メルマガ

海外旅行保険に特化した旬の情報をお届けしています。

「海外旅行保険のブログ」は海外に住む日本人を応援します。

※注意事項

このブログは、海外旅行保険についての概要・特徴を一般的に案内したものであり、保険会社によって適応できないこともございます。つきましては、実際のご契約・ご利用の場合には、その該当保険会社のパンフレット・重要事項説明書・約款等で詳細をご確認いただくようお願いします。

海外で共に頑張るお友達へ『シェア』

海外からお申込み可能な日本の海外旅行保険

海外では私達外国人が万一の時、特に今ではコロナウイルス感染への備えは海外旅行保険がとても重要となります。

キャッシュレス対応病院も多い安心な海外旅行保険は「海外安心生活保険」とお考えください。

一時帰国不要、日本の海外旅行保険は世界中で、24時間365日の安心日本語対応!

 

海外旅行保険に特化したメルマガ

海外旅行保険に関する旬な情報をお送りしています。

「海外旅行保険のブログ」は海外で頑張る日本人の方を応援します。