【海外旅行保険でオンライン診療のススメ】ロックダウンの今だからこそ

コロナの感染が拡大して以降、病院では院内感染やクラスター発生のリスクがあることから、定期検診やちょっとした病気の受診を控える人が非常に増加しています。

また、海外の都市によっては厳しいロックダウンによって、病院に行きたくてもなかなか思うように行けないというケースも多いようです。

KOSAKAI
これから年末にかけて、日本や欧米の新型コロナ感染拡大は更にひどいものとなりそうです。

でも、そんなときだからこそ、身体に少しでも異変を感じたらすぐに専門家である医師の診察を受けるべき。

是非オンライン診療を積極的に活用してみてはどうでしょうか?

オンライン診療とは

オンライン診療とは、スマートフォンやタブレットなどを用いて、病院の予約から決済までをインターネット上で行う診察・治療方法です。

医院に足を運び、診察してもらう方法を「対面診療」と呼び、ビデオ通話のように情報通信機器を通して診察する方法を「オンライン診療」と呼びます。

年齢が高い方には、病院の診察をオンラインというのはちょっとイメージしづらいかもしれませんが、高齢の方ほど今こそオンライン診療を積極的に活用することが重要になってきます。

オンライン診療のメリット

オンライン診療で得られるメリットを見てみましょう。
  1. 受付や会計の待ち時間が短縮される。
    ―診察が予約制になるので、待合室での待ち時間がありません。また、会計や処方薬の手配もオンライン上で行うためそれらにかかる待ち時間もありません。
  2. 自宅や外出先で診察が受けられる。
    ―インターネット環境がある場所であれば、(病院・クリニックまで足を運ばずに)自宅や外出先からも利用できます。
  3. 院内処方の場合くすりが自宅に届く。(※注意:院外処方の場合処方箋が届く)
    ―処方薬に関しては、自宅への郵送もしくは薬局での受け取りの二つの方法が主流となっています。郵送の場合、処方薬が自宅へ郵送されます。薬局での受け取りの場合は、都合の良い調剤薬局へ処方箋を提出し、受け取りに行きましょう。
KOSAKAI
そして何よりも今は、病院へ足を運ぶ必要が無いので、他の患者との接触や二次感染、院内感染などのリスクが全く無いことが最大のメリットですね。

オンライン診療のデメリット

一方で、オンライン診察では、患者から対面診察と同等の情報が得られないため、視診や触診などが必要となる診察の場合はあまり向いていません。

例えば、初診においては、ほとんどの疾患において診断を行うための検査(医師の視診、触診含む)が必要になりますが、それをオンライン診療で代替することは現在のIT環境では困難です。

一部、オンライン聴診器なども出てきてはいますが、普及のためのコストが課題です。

以上のメリットやデメリットから、オンライン診療は、継続的な治療が必要となる慢性的な疾患の“再診”との相性が良く、今後、高血圧症や脂質異常症(高脂血症)、糖尿病、高尿酸血症などの生活習慣病や花粉症などのアレルギー関連の治療でさらに浸透していくことが予想されています。

KOSAKAI
日本では原則、再診からのオンライン診療のみが保険適用として認められていました。

しかしコロナをきっかけに、「受診歴がない初診患者にもオンライン診療を行える」ことが正式に発表されました。

但し、オンライン診療はすべての疾患ができるわけではなく、ご自身の状態などをお伝えし先生の判断により行うことができます。

海外旅行保険でオンライン診療を利用しましょう

海外、特にアメリカでは遠隔診療の導入が爆発的に拡大しており、2015年の時点ですでに約1500万人の患者が診療を受けました。

今後も毎年遠隔診療を受ける人が100万人単位で増えていくと予測されています。

高騰するばかりの医療費の影響で、医療機関を気軽に受診できないという理由などから、急速に遠隔診療の法整備が進められていきました。

近年はスマートフォンなどを利用した遠隔診療により安価で24時間受診できるようになってきています。

ところで、海外旅行保険はオンライン診療が適用になるかどうかについて、明確な記載はありません。

そこで実際に保険会社の損害担当者に連絡を入れたところ、以下の条件を満たしている場合には原則対象となるということでした。

海外旅行保険でオンライン診療が出来る条件
  • その当地において合法な治療であること
  • 医師の承諾した診察であること、そして担当する医師に内容の確認が可能であること
  • 提携病院、非提携病院問わず、必ず事前にサポートデスクに相談をしてもらうこと
KOSAKAI
特に薬を必要とせず、診断を受けるだけでいいのであれば、海外から日本の病院でオンライン診療を受ける、というのも有りだと思います。

また、海外で厳しいロックダウン規制のある国でも、これなら治療期間180日の制限内に十分受診が可能となりますね。

その他海外旅行保険には、電話による24時間緊急医療サービスや、保険期間3ヶ月以上の方向けに「こころのカウンセリングサービス」などもあります。

これらを上手く活用することで、病気の発見が遅れたり重症化させてしまうことの無いようにしましょう。


※注意事項

このブログは、海外旅行保険についての概要・特徴を一般的に案内したものであり、保険会社によって適応できないこともございます。つきましては、実際のご契約・ご利用の場合には、その該当保険会社のパンフレット・重要事項説明書・約款等で詳細をご確認いただくようお願いします。

海外で共に頑張るお友達へ『シェア』

海外からお申込み可能な日本の海外旅行保険

海外では私達外国人が万一の時、特に今ではコロナウイルス感染への備えは海外旅行保険がとても重要となります。

キャッシュレス対応病院も多い安心な海外旅行保険は「海外安心生活保険」とお考えください。

一時帰国不要、日本の海外旅行保険は世界中で、24時間365日の安心日本語対応!