新型肺炎感染拡大はこれからが本番。緊急情報共有・海外旅行保険_Q&A。潜伏期間中に新しい保険に加入しても、発症したら補償対象?

日を追うごとに、凄い勢いで新型肺炎の感染者数・地域・死亡者数が増えていっています。23日午後9時点では、発症者数633人、死者17人。

中国を筆頭に日本、タイ、マカオ、香港、ベトナム、韓国、アメリカ、台湾、シンガポール、サウジアラビアと、9カ国・2地域まで拡がりました。

そして遂に発生源とされる1,100万人都市武漢が、交通面で一斉封鎖されるという異常な事態となりました。東京都が人口約1,300万人ですから、どれだけの事態が分かると思います。

当ブログでも1月20日時点で注意喚起の発信を行っていますが、感染拡大の本番は1月25日からの旧正月以降。

新型肺炎_過剰に恐れる必要無し。但しタイや日本に居る方は十分な警戒が必要な理由。

現在海外旅行保険に関してたくさんのお問合せが来ていますので、緊急で情報共有します。
KOSAKAI
私の武漢の知人も、空港閉鎖1時間前の便で辛うじて日本へ帰国したそうですが、これだけ騒がれているにもかかわらず機内や成田ではノーチェックに近かった!と驚いていました。これでは日本でも大きく感染が拡大するのは間違い無いでしょう。保険に対しても今のうちに正しい知識が必要です!

新型肺炎感染拡大に関して、海外旅行保険に関するQ&A

昨日武漢から帰国し、明日からベトナム出張。毎回必ず海外旅行保険を掛けていますが、もし武漢で感染していて潜伏期間中に新たな保険を申し込んだ場合、明日からの海外旅行保険で補償の対象となりますか?

KOSAKAI
新型肺炎の潜伏期間は、平均で7日間前後と言われています。ですから、現在潜伏期間中という可能性もありますね。明日から新たにベトナム出張用に加入する海外旅行保険ですが、潜伏期間中に加入していても、新たに補償開始後発症・治療なら対象となりますので、ご安心ください。

保険期間終了後に新型肺炎が発症してしまった場合は、補償の対象にはならないのでしょうか?

KOSAKAI
保険終了後72時間を経過するまでに医師の治療を受けた場合は保険の対象です。もし潜伏期間等で保険終了後に発病した場合は、その原因が旅行中に発生したことが明確であれば対象です。武漢出張で新型肺炎発症などは、明らかに旅行中に感染したと言えるので問題無いでしょう。もし少しでも体調に不安がある場合は、必ず保険終了後72時間以内に受診してください。そうすれば、もし発症しても以後最長180日間有効となります。

感染症は保険終了後も30日間は治療が適用になる、と聞いたことがあります。新型肺炎はどうなんでしょうか?

KOSAKAI
ご質問の通り、海外旅行保険は法律上認定された「特定感染症」の場合は、保険期間終了後30日を経過するまでに受けた医師の治療は有効となっています。今回の新型肺炎につきましては、世界保健機関(WHO)が23日に緊急会合を開いています。各国の専門家らが「国際的に懸念される公衆衛生の緊急事態」を宣言するかどうかを討議しましたが「時期尚早」との理由で見送られました。その結果日本でもまだ、SARSや鳥インフルエンザなどのような特定感染症の認定には至っていません。補償も前述の保険終了後72時間までとなります。

空港の封鎖や、自身の発症で入院・隔離などによって飛行機に乗れなかった場合、どのような補償がありますか?

KOSAKAI
空港封鎖は航空機遅延の対象です。しかし補償額はわずか2万円ですので、長期封鎖ではあまり役には立ちませんね。一方、ご自身が新型肺炎に感染して病院に隔離されてしまい、搭乗予定の飛行機に乗れなかった場合などは、治療費に加えて完治後帰国する飛行機代が治療費用で補償されます。

現在武漢に滞在中ですが、今からでも海外旅行保険に入れますか?

KOSAKAI
はい、入れます。今無保険でしたら、発症しない内に急いでご加入されることを強くお勧めします。現在どこにも動けない状況でも、日本のご家族やご親族を通して対応が可能です。中国のその他エリアやタイなどにご滞在の方も同様です。感染者が出た国で無保険状態は、命の危険につながる可能性が大きいことを忘れないでください。すぐに受診すれば、かなりの確率で治せるのです。株式会社セーブユー

1月25日現在、海外旅行保険の加入地域に特に規制は出ていませんが、今後武漢への渡航や直近で武漢に滞在歴がある等で、加入制限が出る可能性もあります。ご注意ください。

※注意事項

このブログは、海外旅行保険についての概要・特徴を一般的に案内したものであり、保険会社によって適応できないこともございます。つきましては、実際のご契約・ご利用の場合には、その該当保険会社のパンフレット・重要事項説明書・約款等で詳細をご確認いただくようお願いします。

海外で共に頑張るお友達へ『シェア』

海外からお申込み可能な日本の海外旅行保険

海外では私達外国人が万一の時、特に今ではコロナウイルス感染への備えは海外旅行保険がとても重要となります。

キャッシュレス対応病院も多い安心な海外旅行保険は「海外安心生活保険」とお考えください。

一時帰国不要、日本の海外旅行保険は世界中で、24時間365日の安心日本語対応!