高額保険金支払事例から考える、治療・救援費用1,000万円なら大丈夫か?保険会社も教えてくれない注意点とは?

海外旅行保険で一番重要な補償と言えば、もちろん「治療・救援費用」ですね。

海外では外国人のワタシたちにとって、日本と違って、医療費は全額自由診療。予想を大きく越えて高額なものになります。

保険加入の際、保険料だけ見てとりあえず一番安い「治療・救援費用1,000万円」のプランを選択される方が多いのですが、

せっかくクレカ付帯では無い一般の海外旅行保険にするのですから、そこはしっかりと検討して欲しいところ。

KOSAKAI
あなたが加入を検討している海外旅行保険は、治療・救援費用の補償限度額はいくらになっていますか?

もし治療・救援費用として500万円以下であれば、すぐに考え直していただくことをお勧めします。

それではクレカ付帯保険と変わらない、もしくは治療費用は足りても救援費用が足りない!などという可能性もあるからです。

1,000万円なら十分?

今回のブログを良く読んで、高額保険金支払事例から考える、安心の補償額。治療・救援費用の注意点とは。一緒に考えてみましょう。

高額の保険金支払で一番多い金額とは?

事故や心臓・脳の病気による緊急手術、そして最近ならコロナ感染の重症化などによる治療費等、一番多い高額保険金支払額は、

「1,000万円」

です。

MASUO
やっぱり1,000万円もかかるケースが多いんですね!

ならとりあえず補償1,000万円に入っておけば、一応は安心って感じですかね。

Docter
これは、海外での手術や入院でかかる医療費の相場が、1,000万円前後が多い、という意味ではありませんのでご注意ください。

保険の治療・救援費用の補償額が1,000万円となっているため、この金額で支払いが打ち切りとなっているケースが圧倒的に多い、ということなんです。

アメリカの医療費は、盲腸程度でも1,000万円かかるほど高額なことで有名ですが、東南アジアやヨーロッパであっても、1,000万円を超える医療費は度々発生します。
KOSAKAI
例えばヨーロッパは、福利厚生がきちんとしているから、診察代は、タダみたいな料金なんでしょうと言われる事がよくあります。

とんでもありません。

それは現地の健康保険に加入して、現地のプライベート保険にも加入していればそうかもしれません。

しかし、がんで入院手術してトータル2,000万円かかり、治療費1,000万円の海外旅行保険に加入していても、不足額1,000万円は手出しした、などという事例は枚挙に暇がありません。

東南アジアのタイでも、コロナが広まる以前から10万米ドルの保険を用意するように外国人には通知を出しています。

昨年のコロナ高額支払いの実例

以下はすべて、保険会社の支払い保険金、上限1,000万円を支払った実例です。

アメリカ 63歳 男性
コロナで長期入院にて。確認しているのはAMT内の入院事実4月から3週間分のみ。
フィリピン 71歳 男性
コロナで危篤状態、合併症として腎不全。1か月の治療費。
モルドバ 63歳 男性
コロナ感染にて入院後に死亡。
どれも保険会社が、上限1,000万円を支払った実例です、

※いいですか、治療などにかかった費用がジャスト1,000万円だったのではありません。

1,000万円以上の治療費や移送費などが掛かったにもかかわらず、補償額が1,000万円のためにそこで保険金が打ち切られたのです。

そして不足分については、すべてお客様やお客様の親族が支払っているのです。

治療・救援費用の注意点


少し前までは、傷害(けが)治療費用と疾病(病気)治療費用、そして遭難したときや海外で入院した際に親族が駆けつけるための救援費用は別々に設定していました。

今はそれらはまとめて「治療・救援費用」として一つの補償項目になっています。

補償限度額も、以前は傷害治療費用はいくら、救援費用はいくらなど、それぞれに個別で設定していましたが、現在はそれらの項目を合算した限度額として、1,000万円や3,000万円、無制限などとしています。

補償項目ごとに個別に限度額が設定されるよりも、ある特定の補償が高額になっても適用されやすい、というメリットがあります。

逆に、救援費用だけで高額な補償を使ってしまうと、残りの治療費が足りなくなる、などのデメリットも。

クレジットカードに付いている海外旅行保険では、今でもそれぞれの補償に個別の限度額を設定しています。

但し、それらはせいぜい100万円や200万円程度となっています。

そしてここからが、保険会社も教えてくれない注意点なんですが、

例えば補償額が1,000万円の保険で、救急治療をした後に緊急搬送をしたい場合でも、それだけで1,000万円を超えると分かっているなら保険会社はそれ以上サポートをしてくれません。

治療費で1,000万円使い切ってから万一亡くなった場合、海外から日本への遺体搬送も一切対応してくれません。

せっかく高い保険料を払って海外旅行保険に加入をしても、これではイザというときの安心な備えにならなくなってしまいます。

アシスタンス会社の本音_クレカ保険でイザという時一番困ること

北米・ハワイなら、可能な限り無制限、無理なら3,000万円は確保を。


あなたが世界一医療費が高額な北米やハワイに居るのであれば、治療・救援費用は「無制限」を検討していただくことを海外旅行保険アドバイザーとしておすすめします。

注目①保険会社によっては、主な渡航先がアメリカの場合は他の地域より保険料を割高にしています。

注目②もしくは、アメリカ滞在で長期加入の場合は、無制限プランは選べないかもしれません。

差額は11,700円

KOSAKAI
弊社では長期ご加入のお客様が1,000人以上いらっしゃいますが、治療費用が1,000万円を超える事例が年間で20件以上はあります。

3,000万円を超える事例はさすがに数件というところ。

ですから、もしも無制限には入れなくても、3,000万円は確保されることをお勧めします。

これはアメリカ以外のエリアでも同じです。

治療費用1,000万円と3,000万円の保険料の差は、1年間で11,700円。

この差でイザというときには、受けられる治療やサービス、自己負担しなければならない医療費に大きな差が付きます。

そしてその後の人生まで左右することになります。

せっかくクレカ付帯の無料保険では無く、通常の海外旅行保険に加入されるのですから、自分自身の命の値段だと思って補償額を設定してください。

海外旅行保険メルマガ

最新動画セミナー「With_Coronaと海外旅行保険」無料公開中

海外旅行保険に特化した旬の情報をお届けしています。

※注意事項

このブログは、海外旅行保険についての概要・特徴を一般的に案内したものであり、保険会社によって適応できないこともございます。つきましては、実際のご契約・ご利用の場合には、その該当保険会社のパンフレット・重要事項説明書・約款等で詳細をご確認いただくようお願いします。

海外で共に頑張るお友達へ『シェア』

海外からお申込み可能な日本の海外旅行保険

海外では私達外国人が万一の時、特に今ではコロナウイルス感染への備えは海外旅行保険がとても重要となります。

キャッシュレス対応病院も多い安心な海外旅行保険は「海外安心生活保険」とお考えください。

一時帰国不要、日本の海外旅行保険は世界中で、24時間365日の安心日本語対応!

 

海外旅行保険に特化したメルマガ

最新動画「With_Coronaと海外旅行保険」公開中

海外旅行保険に特化した旬の情報をお届けしています。海外在住者必見