新型コロナウイルスに関する、海外旅行保険の補償と対応(2月4日時点状況)

お知らせ
新型肺炎の感染拡大に伴い、現在弊社では状況が改善するまで中国への渡航を一切中止しております。対応につきましては、メール・スカイプ・微信等にて日本からのみとさせていただいております。

新型コロナウイルスに関する、中国での海外旅行保険の補償と対応

現在中国現地においては、海外旅行保険にご加入のお客様でもご利用出来るサービスが限定されています。以下をご確認ください。

中国政府指示により業務再開停止とされている2月9日までについて、海外旅行保険のご利用可能な補償と対応についてお伝えします。

2月9日までに、病院をご利用される場合の注意事項

今の時期に利用出来る病院について

現在、2月9日までは日系・外資系クリニックの殆どは診療を行っていません。中国の一般病院の「発熱外来」をご利用ください、「門診部」にて対応しています。

外務省発信のこちらの情報もご参照ください。
発熱外来について
(上海市)http://wsjkw.sh.gov.cn/fwjg/20180601/0012-55913.html
(江蘇省)http://news.xhby.net/js/yaowen/202001/t20200123_6483763.shtml
(浙江省)http://www.zjwjw.gov.cn/art/2020/1/22/art_1202101_41829346.html
(安徽省)http://wjw.ah.gov.cn/news_details_53892.html
(江西省)http://www.jxhfpc.gov.cn/doc/2020/01/22/137610.shtml

病院の予約について

現在、海外旅行保険のサポートデスクも中国の医療アシスト会社でも、予約のアテンドは行っておりません。ご自身で診療の受付を行っていただく状況です。

キャッシュレス対応

現在は、提携病院や現地アシスト会社担当者も殆どが自宅待機のため、キャッシュレス対応が出来ません。必要な費用は概ね2,000元から3,000元程度とのことですので、一旦ご自身で立替えいただき、後日保険金請求をお願いします。

ご不明な点は、お気軽にご相談・ご質問ください。

保険金請求に関して
保険金請求は初診日から3年間有効です。

海外旅行保険のお申し込みに関して

現在新型コロナウィルス肺炎感染拡大に伴い、海外旅行保険の新規お申し込みが殺到しております。

お申し込みの際のご注意点をこちらにまとめておりますので、ご参考下さいますようお願い致します。

新型コロナウイルスによる肺炎感染の拡大は今後世界に広がる

春休みを控え、海外旅行を計画している方は、もはや海外旅行保険の加入は必須の状況です。

海外旅行保険はご自宅出発から戻るまでの全旅行行程が補償されますので、空港などのATM型海外旅行保険に加入するのではなく

出発前に加入することを強くおすすめ致します。

海外旅行保険は旅行だけの保険ではありません

海外旅行保険は旅行だけの保険ではありません。「海外生活安心保険」として、

海外で働く日本人の方、海外で生活をしている日本人の方、海外で生まれたお子様、外国人配偶者、第三者賠償請求、持ち物損害など、

とても広い補償内容で海外生活をバックアップしています。


※注意事項

このブログは、海外旅行保険についての概要・特徴を一般的に案内したものであり、保険会社によって適応できないこともございます。つきましては、実際のご契約・ご利用の場合には、その該当保険会社のパンフレット・重要事項説明書・約款等で詳細をご確認いただくようお願いします。

海外で共に頑張るお友達へ『シェア』

海外からお申込み可能な日本の海外旅行保険

海外では私達外国人が万一の時、特に今ではコロナウイルス感染への備えは海外旅行保険がとても重要となります。

キャッシュレス対応病院も多い安心な海外旅行保険は「海外安心生活保険」とお考えください。

一時帰国不要、日本の海外旅行保険は世界中で、24時間365日の安心日本語対応!