このブログは総合保険代理店「株式会社セーブユー」代表小堺が運営しています。

ロングステイの方必見!保険でも「時差」に注意が必要なケース

MASUO
いや〜、更新をうっかり忘れていてどうしようかと心配していましたが、日本に帰国しないで加入出来たので助かりました!
KOSAKAI
弊社の場合は、このように海外ロングステイ中更新を忘れていた!という方にもお役に立てているんです。
MASUO
私の場合は覚えてはいたんです。でもずっとハワイで生活しているから、日本より19時間も時間が遅れているのを忘れて、更新が1日間に合わなくなったんですよ。そうしたら、もう日本戻らないと再加入出来ないって言われたんです、、、。
海外旅行に行く場合などは、出国日から帰国日まで保険に入るので問題はありませんが、海外ロングステイの場合には有りがちなこと。

特にアメリカやハワイは日本との時差も長いため、注意が必要です。更新に限らず、海外旅行保険で時差に注意しなければいけないケースを見てみましょう。

日本の海外旅行保険の保険期間は、全て日本時間で夜中0時開始・終了

これ、日本の保険なので当たり前のことですが、海外にロングステイされていると、日本時間では無く現地時間で考えてしまいがち。

KOSAKAI
弊社の場合、既に日本を出国後でも加入が出来るため、実際に起こり得るケースと注意を説明します。

補償開始時の注意

ニュージーランドに長期在住のYさん。海外に滞在されたまま12月20日に1年の契約にご加入。補償開始はキリのいいところで1月1日としました。

何と偶然にも、1月1日に日付が変わったその時Yさんは友人と飲んでいたバーで転倒し、ケガをしました。手にしていたグラスが割れ、手のひらが切れて血だらけになってしまいました。

保険に入っておいて本当に良かったと、すぐサポートデスクへ電話を入れたYさん。そしてすぐに保険の対象にならないことを知ることとなります。

KOSAKAI
ニュージーランドは日本より3時間早く進んでおり、日本ではまだ12月31日の夜9時過ぎだったんです。日本より時差が早い国はオーストラリア東部とニュージーランド、フィジーなどほんの一部の国だけしかありませんが、注意してくださいね。

補償終了時の注意

ハワイに長期在住のKさんは、一年前の12月に1年の契約にご加入。補償開始を1月1日としました。その年の12月31日で補償期間終了となりますが、1月からアメリカの医療保険に入ることにしたため延長はしませんでした。

保険最終日の12月31日。Kさんは3日前からお腹に痛みを感じていたので、保険の残っているうちに病院へ行っておくことに。

何と盲腸だったことがわかり、すぐに入院を勧められました。

ところがKさん、保険はこの日まででしたが更新をしていないこと、そして日本では既に日付が変わって1月1日になっていることに気付きました。

KEIKO
もし保険が使えないのであれば、ハワイで盲腸の手術なんてとてもじゃないですが払えません。痛み止めだけもらって日本に急遽帰国しようかと思い、小堺さんに電話で相談してみました、、、

ハワイは日本より19時間遅れているため、12月31日の午前5時で既に日本は日付が変わっています。つまり保険期間終了となっているのです。

KOSAKAI
今回Kさんはとても運が良かったですね。痛みを感じ始めたのは3日前で保険期間中でした。その場合なら、保険終了後でも72時間以内に治療をしたので対象となるんです!
KEIKO
アドバイスのお陰で、安心してハワイで入院・手術を受けることが出来ました。良かったです!

更新・延長時の注意

海外旅行保険に一年間で加入すると、例えば3月1日から1年なら次の年の2月28日(うるう年なら29日)で保険終了となります。

ですから、もしもう一年間期間を延長させる場合には、日本時間の2月28日の内に少なくとも延長分の保険料が振り込まれている必要があります。

もし時差のことを忘れて、日本時間でその翌日に保険料が振り込まれてしまった場合、そこで保険が途切れてしまいます。

MASUO
そうすると私のように延長では無く再加入になってしまうので、以前の代理店では日本に帰国しないと入れないと言われていたんです。保険に入るためだけにわざわざ、一時帰国するなんて厳しいですよね。
KOSAKAI
同じようなお悩みのある方は、お気軽にご相談ください。株式会社セーブユー

※注意事項

このブログは、海外旅行保険についての概要・特徴を一般的に案内したものであり、保険会社によって適応できないこともございます。つきましては、実際のご契約・ご利用の場合には、その該当保険会社のパンフレット・重要事項説明書・約款等で詳細をご確認いただくようお願いします。

海外で共に頑張るお友達へ『シェア』

海外からお申込み可能な日本の海外旅行保険

海外では私達外国人が万一の時、特に今ではコロナウイルス感染への備えは海外旅行保険がとても重要となります。

キャッシュレス対応病院も多い安心な海外旅行保険は「海外安心生活保険」とお考えください。

一時帰国不要、日本の海外旅行保険は世界中で、24時間365日の安心日本語対応!