久々の日本帰国_事前に忘れず準備しておいて欲しいこと2つ。

「久々に日本に帰国します。」

最近になって、このようにおっしゃるお客様が増えてきました。

皆さん、本当に声が嬉しそうです。

そんなあなたに海外旅行保険Adviserから、忘れずにご準備しておいて欲しいこと2点をお伝えします。

1つは、スマートフォンに3つのアプリを忘れずに入れておくことです。

これを事前に準備しておくか、日本到着後に準備するかで、何時間も空港での滞在時間が変わります。

この内容については、弊社から発信している海外旅行保険メルマガ

「成田空港最短ルート伝授、最短で空港から出る方法」

に詳細を書いていますので読んでいない方は是非ご登録をお願いします。

(多くのご反響ありがとうございました。)

知らない方の為に
・COCOA
・OSSMA(※現在は、OEL(OVERSEAS ENTRANTS LOCATOR)に変更されています)
・SKYPE(必ず厚生労働省のホームページからダウンロードした誓約書に記入するメールアドレスで作った(登録してある)SKYPEアカウントが必要です。もし違う場合は、契約書に記入したメールアドレスでもう一つSkypeのアカウントを作ることになります。)

詳しい詳細はメルマガでお送りしています。ご登録をお願いします。

KOSAKAI
そしてもう1つは、、、

コロナ自粛やテレワーク勤務が続いているあなたの、体調を整えておくことです。

特に長時間の座りすぎで、久々のフライトによる健康面のリスクが高まっています。

久々に帰国される方の多くが該当する可能性がありますので、しっかりと読んでおいてください。

座りっぱなしが、死亡・がんリスクを急上昇させている理由


筋肉の70%が下半身に集まっているのはご存知ですね。つまり、座っていると筋肉の70%が働いていない状態となります。

座っていて「動かないで」いると血流が悪くなり、その時間が長いほど血流の悪い状態が慢性化して血管が老化し、心臓血管系疾患になりやすくなるのです。

弊社でも2年前に、この件についてのブログも発信して、警鐘を鳴らしています。

座りすぎは喫煙と同じ?長時間の座りすぎが死亡リスクを高める!

今はその時よりも、コロナ自粛やテレワーク勤務の普及により圧倒的にリスクが増大しています。
KOSAKAI
最近ガンと診断される方が世界中でとても増えているのも、コロナ自粛でガン検診を控えていた人が多かったこととともに、座りすぎの時間が相当増えたことも大きく影響しているのでは無いかと私は思っています。

私自身定期的に運動もしていましたが、それでもこの1年で、座りすぎによる体調への障害が相当見られるようになってきていました。

最近になって、そんな体調を正常化させるための取り組みを始めています。

それは死亡やがんのリスク低下ももちろんですが、何よりも今年中に再開する海外フライトに備えてです。

久々の長時間フライトで、エコノミー症候群発症リスクはかなり高い状態に


エコノミー症候群は正式には肺血栓塞栓症(肺塞栓症)と呼ばれ、血のかたまりが肺の血管で詰まることで起こります。

エコノミークラスのような狭い座席に長時間座った後、急に立ち上がった途端に症状が現れることからエコノミークラス症候群の名称が認識されるようになりました。

症状には胸が痛い、息苦しさがあり、重症の場合は死に至る危険性もあります。

KOSAKAI
コロナ禍の1年。

あなたは以下のような過ごし方が多くありませんでしたか?

・会社にいるときと同じように自宅でデスクワークをする
・何時間も動画サイトを閲覧する
・ブログやSNSをいつも更新する
・オンライン飲み会を実施する

こんな生活習慣で、既に大勢の方がエコノミー症候群予備軍となっています。

そんな身体の状態で久々の長時間フライト、これは誰でも非常に危険だと言えるでしょう。

私は定期的に運動していたから大丈夫、と言える運動量は?

MASUO
僕はテレワーク中も、週3日はジムに通っていたから大丈夫ですよ。
KEIKO
私はコロナでロックダウン中も、週末は必ずランニングしていたので、心配していないです。
Docter
一日中座っていても、スポーツクラブへ行けばいいと考える人もいるでしょうが、そんな単純なものではありません。

世界から100万人ものデータを集めて、座りすぎのリスクを回避するためにどのくらい身体を動かせばいいのかを調べた研究結果があります。

それによれば、1日に60~75分、荷物の上げ下ろしなどやや強めの日常の動きや散歩などの歩行を行う必要があるのだそうです。

通勤や外回りがあればまあまあクリアできますが、家でテレワークとなるとなかなか大変でしょう。

運動しているという人でも大半は週2回トレーニングジムへ通っていますとか、週末はゴルフに行っていますという程度。座りすぎの健康リスクを相殺するには到底足りませんね。

今から簡単にできる予防法とは

Docter
どうしても座りっぱなしが続く時は、つま先を上げ下げしたり足首を回したり、足に力を入れてふくらはぎや太ももの筋肉を動かす。これだけでも、何もしないよりはいいと思います。
その他、エコノミークラス症候群予防のため、厚生労働省では以下6通りの行動を推奨しています。

1. ときどき、軽い体操やストレッチ運動をおこなう
2. 十分にこまめに水分を取る
3. アルコールを控える。できれば禁煙する
4. ゆったりとした服装をし、ベルトをきつく締めない
5. かかとの上げ下ろし運動をしたり、ふくらはぎを軽くもんだりする
6. 眠るときは足を上げる

KOSAKAI
上記の6通りの行動は、飛行機に乗って居る時にも実践可能です。

その他日常生活では、座っていても1時間に一度は軽い運動を行う、そして出来ることなら、立って仕事を行うことも取り入れてみてはどうかと思います。

参考までに、私は自宅で椅子の代わりにバランスボールを使用しています。

最後に、万一帰国時のフライトでエコノミー症候群のような症状が出た際には、必ず帰国後すぐに病院に行ってください。

海外旅行保険は、帰国後保険が終了しても72時間以内に行った治療は保険の対象となります。

そしてその後最長180日間は、必要であれば保険で治療が受けられるのです。

海外旅行保険メルマガ

最新動画セミナー「With_Coronaと海外旅行保険」無料公開中

海外旅行保険に特化した旬の情報をお届けしています。

※注意事項

このブログは、海外旅行保険についての概要・特徴を一般的に案内したものであり、保険会社によって適応できないこともございます。つきましては、実際のご契約・ご利用の場合には、その該当保険会社のパンフレット・重要事項説明書・約款等で詳細をご確認いただくようお願いします。

海外で共に頑張るお友達へ『シェア』

海外からお申込み可能な日本の海外旅行保険

海外では私達外国人が万一の時、特に今ではコロナウイルス感染への備えは海外旅行保険がとても重要となります。

キャッシュレス対応病院も多い安心な海外旅行保険は「海外安心生活保険」とお考えください。

一時帰国不要、日本の海外旅行保険は世界中で、24時間365日の安心日本語対応!

 

海外旅行保険に特化したメルマガ

最新動画「With_Coronaと海外旅行保険」公開中

海外旅行保険に特化した旬の情報をお届けしています。海外在住者必見