【スマホの盗難・破損】家に入る手前は補償の対象、家に一歩入ったらダメ!?

海外旅行保険の補償の中で、「病気治療」に次いで支払件数が多いのが「携行品損害」。全体の約10%を占めています(2018年度東京海上日動火災データより)。

観光地などでのスリや・強盗が多いそうですが、最近ではやはりスマートフォンを落として壊した!という事例が多いようです。

ところでこの携行品損害ですが、気軽に利用できる反面頻繁に使うと海外旅行保険自体に加入出来なくなってしまうことも。

補償の対象になるケース、ならないケースをしっかりと理解しておきましょう。

携行品損害補償とは

携行品損害保険金とは、海外旅行中に携行品が盗難・破損・火災等の偶然な事故にあって損害を受けた場合に払われます。携行品とは、保険の対象となる方が所有または海外旅行前にその旅行のために他人から無償で借り、かつ携行するカメラ、かばん、衣類等の身の回り品をいいます。

KEIKO
海外の自宅に居る時に、2歳の娘が私のスマホを叩きつけて壊してしまったんです。事故では無いんですが、これ、携行品で補償されますか??
KOSAKAI
景子さんのケースですが、2歳の娘さんであれば故意では無いので、原因としては対象です。

ですが残念ながら、通常の携行品損害補償は賃貸や所有している部屋の中では対象にはならないんです。

携行品損害の規定では、ホテルの部屋内や、ホームステイ先に居る場合は対象となりますが、「居住施設内(一戸建て住宅の場合はその敷地内・集合住宅の場合は保険の対象となる方が居住している戸室内)にある間は含まれない」となっているからです。
KOSAKAI
自宅の玄関に入ろうとした時にスマートフォンを落とした場合、家の中に入って破損したらアウト、家に入る前、すなわち玄関の手前で落とした破損ならセーフ(対象)となります。

住居内でも補償が出来るケース

留学生プランや、長期駐在員プランの場合は、「携行品損害」という補償では無く「生活用動産」という補償で最大100万円まで設定することが可能です。

この場合は自宅に置いている家財なども含めて、身の回り品であるスマートホンなども居住施設内で壊した・盗難にあった場合も補償の対象になります。

携行品損害補償の様々な注意点

携行品に該当するものしないもの

メガネは対象になりますが、コンタクトレンズは対象にはなりません。また、現金やクレジットカードなども対象にはなりません。

意外ですが、自転車は対象になります。

“SHIMOMURA”
私は先日海外のツアー旅行で、ガイディングレシーバーを紛失してしまって、約1万円弁償したんです。これって、携行品で対象になったんですか?
KOSAKAI
その場合は、相手に対して損害を与えたケースになるので、賠償責任で対象になります。今からでも請求を出した方がいいですよ。

盗難は対象だが、置き忘れや紛失は対象外

KOSAKAI
置き忘れた後、その場所に戻ってみたら既に盗られていた!というのも対象になりません。

もしかしたら、置き忘れたのでは無く盗られた可能性もあります。失くしてしまったのか、盗られてしまったのかは、その時の状況を良く思い出してみてください。盗難なら、必ず第三者の証言か盗難届が必要になります。

その他

補償は時価か修理代(時価が上限)、かつ1点・1組10万円まで。安易な利用を防ぐため、自己負担額が設定されているケースも多いです。

保険金請求は国内のみで円払いとなります。

簡単に請求できる分、保険料も半年で5,000円、年間1万円ほどとそれなりの保険料となりますので、医療補償に特化したい場合には外していいと思います。

KOSAKAI
病院を一度も利用しなくても、携行品だけ年に何度も請求をすると更新が出来なくなることも。

また外資系の保険会社では、この特約を通算で5回利用すると、その後は一切保険自体に加入も出来なくなります。ご注意くださいね。


※注意事項

このブログは、海外旅行保険についての概要・特徴を一般的に案内したものであり、保険会社によって適応できないこともございます。つきましては、実際のご契約・ご利用の場合には、その該当保険会社のパンフレット・重要事項説明書・約款等で詳細をご確認いただくようお願いします。

海外で共に頑張るお友達へ『シェア』

海外からお申込み可能な日本の海外旅行保険

海外では私達外国人が万一の時、特に今ではコロナウイルス感染への備えは海外旅行保険がとても重要となります。

キャッシュレス対応病院も多い安心な海外旅行保険は「海外安心生活保険」とお考えください。

一時帰国不要、日本の海外旅行保険は世界中で、24時間365日の安心日本語対応!